もしタロット占いをやりたいなら

タロット占いというのは、78枚のカードを用いることになるのですが、カードの種類とその向きによって運命を占うのです。
一般的には、男性であればキング、女性であればクイーンのカードを選び、その後カードの方をシャッフルことになります。

そして、相手にカードを引いてもらい並べていきます。
あとは、カードの種類と向きによって運命を決めることになるのです。

さて、もしタロット占いをやりたいのであれば、基本的なやり方はもちろんですが、それぞれのカードの意味と解釈を覚えていかないといけません。
カードの種類自体も多いですが、さらに正位置の場合と逆位置の場合があるので、かなり覚えることはたくさんあります。

これらを覚えるのがタロット占いでは最も大変だと言われていますが、逆に言えばそこをクリアすることができれば、基本的な占いは誰でも行えるようになるのです。

いきなり全部を覚えるのは大変でしょうから、実際に占いをしながら覚えていくといいかもしれません。